日焼けのない美肌へ!春の紫外線対策

日焼けのない美肌へ!春の紫外線対策

春はまだ陽ざしがそれほど強いと感じませんが、紫外線量は冬に比べるとずいぶん増えてきます。

そのため、シミやほうれい線、しわなどのエイジングサインの予防には、日焼け止めによる紫外線対策をはじめ、しっかりとケアを行うことが大切です。

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の「春の紫外線対策。しっかりブロックして日焼けの無い美肌をキープ!」を参考に、春の紫外線対策についてご紹介します。

春の紫外線の量は?

春の紫外線量はあまり気にされていない方も多いと思います。
しかし、思っている以上に春の紫外線量は多く、知らないうちに肌老化の原因になってしまうこともあります。

紫外線ダメージは次の方程式で決まります。
紫外線ダメージ = 紫外線の照射量の大きさ × 紫外線を浴びている時間

なので、紫外線の照射量が小さくても、外出時間が長ければダメージは大きくなります。

UVA・UVBの照射量は?

地上に届く紫外線にはUVA(生活紫外線)とUVB(レジャー紫外線)の2種類があります。

UVAは、肌の真皮まで到達するので、お肌のハリや弾力のもとになる、線維芽細胞を破壊したり、コラーゲンやエラスチンにダメージを与えます。

春になるとUVAの照射量は増え、4月や5月になると非常に高くなります。
特に5月になると、真夏の紫外線量と並ぶほどになります。

UVBは、主に日焼けの原因になり、表皮を中心にダメージを与えます。

UVBもUVAと同じく、春になるとその照射量が増えてきますが、
UVBはUVAより波長が短く、雨や曇りだと地上へ届く量が減ります。

春の紫外線対策は?

日焼け止めは春の紫外線対策の基本のアイテムです。
日焼け止めは大きく紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2種類あり、春の紫外線対策には、
刺激が少ない紫外線散乱剤の日焼け止めがおすすめ。

特に注意したいのがUVAです。
UVAは肌老化の原因となる紫外線なので、あとあとの肌ダメージを防ぐためにしっかりと対策しましょう。

また、日焼け止めの塗り方も大切です。
SPFやPAという値は、日焼け止めを1㎠あたり2mgまたは液体の場合2µlを塗って測定した値なので、実際にこの値の紫外線ブロック力を期待するなら、500円玉程度を顔全体に塗る必要があります。

さらに、日焼け止めは汗で流れたり、顔を触ることでとれてしまうので、3時間に1回くらいを目安に塗り直しましょう。

また、日焼け止め以外にも日傘やつば広帽子、サングラス、手袋などを上手に活用し、顔だけでなくデコルテや手肌、頭皮、目の紫外線対策も行いましょう。

まとめ

春の紫外線対策についてご紹介しました。

春はだんだんと暖かくなり、冬よりも暖かい日差しになりますが、紫外線対策は怠りがちになります。
しかし、紫外線量は急激に増えるので、UVA対策を中心とした紫外線対策でエイジングケアを行なうことが大切です

日焼け止めだけでなく、さまざまな工夫やアイテムを上手く活用して、しっかりと春の紫外線をブロックして美肌をキープしてくださいね!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *